デザイン住宅業者が解説、オープンキッチンのメリット・デメリット

デザイン住宅において設計が狭い住宅ほど、キッチンの間取りは重要なものとなります。
狭小住宅は、オープンキッチンが人気となっています。

オープンキッチンは狭い空間の中で最大限の広さを確保できることから、開放感を感じることができるメリットがあります。
キッチンとリビングやダイニングとの間にあった仕切り壁を無くすことで、広々とした開放感をもたらしてくれます。
また小さいなお子さんがいる家庭では、リビングやダイニングにいるお子さんに目を配りながら料理をすることができることもメリットです。

ですが、オープンキッチンにもデメリットがあります。それは、開放感が得られることの弊害が起こります。

例えば、煙や臭いが部屋内に充満しやすくなってしまうデメリットがあります。
キッチンの所に壁がないことから、煙や臭いがキッチン以外の空間に広がってしまいます。
ですから必ずコンロを使用する際には強めの換気扇を回して、他の空間に煙や臭いがいかないように心掛けることが大切です。

またデザイン住宅の設計の際にオープンキッチンにする場合には、家事動線を意識しないで設計を行ってしまうと後々家事がしにくくなります。
これを防ぐためにも、スムーズな家事動線が確保できるように考えて設計しておく必要があります。以上のように、オープンキッチンにはメリットデメリットがあります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ