狭小住宅を広く感じさせるためにできる間取りの工夫とは?

狭小住宅で生活するとなれば、いろいろと不便な事が出てきます。
そこでスペースを有効活用して、暮らしやすい間取りの工夫をしていかなければいけません。

例えば狭小住宅で悩まされる場所といえば階段です。
狭い土地でより多くの生活スペースを作るためには、建物を高くしなければいけませんから階段なしは成立しません。

必要不可欠なものでありますが、四六時中いる場所ではありませんし、その分リビングや寝室などの生活スペースが削られます。
ですから階段に割くスペースをより少なくする工夫として直線階段や折れ階段ではなく、螺旋階段を採用してみるという方法があります。
大きな荷物を上の階に運ぶときには不便もありますが、日常生活でスペースを広くつくるためには有効です。

それから視覚的に広く感じさせるためには、採光をよく考える必要があります。暗い室内というのは狭く息苦しい空間に感じさせてしまいます。
そこで天井に近い場所に窓を作り、部屋全体に光が行き渡るようにしておくと良いでしょう。

そして、できるだけ部屋は天井が高い部屋にしておくとより広さを感じることが出来ます。
出来れば吹き抜けをつくっておくと、さらに空間が広がり狭さを忘れることができます。
それを可能にするために、2階、3階に登る途中にスキップフロアを設けておくと高さを作り出しやすくなります。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅をお考えの方へ、3階建てにおける間取りの工夫

「土地の値段をできるだけ安くして家を建てたい!」 という方の中には、狭小住宅をお考えの方も多いのではないでしょうか。 狭小住宅を建てる際には、空間の上手な使い方が大切です。 そこで今回は、特に3階建ての狭小住宅の間取りで […]

狭小住宅で広く暮らす。間取りの工夫をお教えします!

狭小住宅も住んでしまえば都というのが一般的ですが、それでもできるだけ広く使うという間取りの工夫を施し、より快適に暮らしたいと思うのは人情と言えます。 まずは一番スペースを占領するベッドが対象で、ここを工夫するのが最も効果 […]

狭小住宅の間取りの活用、階段でできる工夫は?

狭小住宅の間取りにおいて大切なのは、デッドスペースの活用ですよね。 そして、そのデッドスペースが生じやすいところとは階段です。 しかし、「階段のデッドスペースを活用しよう!」といっても、具体的にどのように活用すればいいの […]

3階建ての狭小住宅、おしゃれな空間にするコツ

狭小住宅と聞くとイメージするのは、地味な3階建てといった印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、実は狭小住宅でもおしゃれな家にすることは可能なのです。 では、具体的に何に注意すればおしゃれな家にすることが […]

狭小住宅をお考えの方へ、3階建てにおける後悔って?

「狭小住宅なら3階建てがいいって本当?」 とお思いの方は多いのではないでしょうか。 敷地が狭い狭小住宅において、その床面積を確保するために、2階や3階建てにするというのはご存知であるかもしれません。 しかし、3階建ての狭 […]

Homeへ