デザイン住宅購入前に知るべき制震と免震の違いをご紹介!

これからデザイン住宅を購入する方に必要な知識として、制震と免震の違いがあります。この二つは両方ともデザイン住宅にとって大事な施工や防災に関係する内容です。

免震は地震の揺れを上手に逃がして、人間の身体に振動を伝えにくくするのが特徴であり、方法としては建物の基礎部分との間に免震に積層ゴムや専用のローラーなどの材料を使用します。この工事にかかる費用は平均して500万円程度かかります。

制震は壁の内側にオイルダンパーや粘性ゴムなど専用の材料を使用する事で、建物の揺れや地震のエネルギーを少なくするのが特徴です。建物の大きさによりますが、40万から100万程度が費用の相場になります。

費用がこの二つの施工方法で異なるので注意が必要であり、予算を依頼する会社に伝えます。

この二種類は地盤がどのようになっているか、建築を予定している地盤を調査したうえで、どちらが適しているか検討して選ぶ事が重要です。地盤が弱い土地の場合は状況により補強して制震をする方法が適しており、免震は地盤が弱いと施工が難しくなります。

デザイン住宅の建築を依頼する会社でこれらの施工について相談をして、工事内容や詳しい見積もりを出してもらう事が重要です。

どちらかの工事を行う事は、地震が多い日本でデザイン住宅を建築する際には必要な内容となります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ