デザイン住宅購入前に知るべき住宅瑕疵担保責任保険とは?

デザイン住宅を購入する前に知っておきたいのが、住宅瑕疵担保責任保険です。この保険は、住宅に何らかの不具合が生じたときに、補修した業者に対してその費用の一部が支払われるシステムです。

新築住宅を供給する事業者に対しては、10年間のこの保証をすることが義務付けられていますが、万が一事業所がつぶれている場合でもこの保険を使えば修理費用をカバーすることができるのが特徴と言えます。

デザイン住宅は一般的な住宅に比べて個性的な形をしていたり、従来にないアイディアを盛り込んでいるケースが目立つため、使っているうちに不具合が起こることもないとは言い切れません。

また、この住宅瑕疵担保責任保険に加入することが義務付けられており、施工途中で検査が入りますのでより安心して住宅を購入することができます。

しかし、この保険はすべての瑕疵の修繕費用を賄ってくれるものではなく、限定された部分となっています。

構造耐力上主要な部分と雨水がはいってくるのを防止する部分がそれに当たり、この部分に不具合がある時のみ修理する費用がカバーされるのがこの保険の特徴です。

骨組みの変形や割れ、雨もりなどがあると住宅としては不具合があるといわざるを得ませんが、住宅瑕疵担保責任保険では事業者に住宅を作るうえで重要となるその部分の責任を持ってもらえる保険と言えるでしょう。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

狭小住宅を考える際に知っておきたい、旗竿地の特徴とは?

不動産には二つとして同じものは存在しないと言われています。それは土地であっても建物であっても同じです。 特に土地に関しては、正方形や長方形、三角形などほかにもいろいろ歪な形の土地が存在しています。 それは大変興味深くバラ […]

狭小住宅でリビング階段を取り入れるメリットって?

お住まいの家が狭小住宅で、物の置く場所に困ってしまっている人はおられませんか? どれだけ住まいが狭いかろうとも、大切な物や必要な物は簡単に捨てたりすることはできないですよね。 そんな方にオススメなのが、家の階段をリビング […]

狭小住宅のスペースを有効に、階段下の使い方とは?

自宅で狭小住宅で、物を置く場所に困っている方はおられませんか? 自宅が狭いからといって、必要なものや大切なものは簡単に捨てたりできないですよね。 そんな方に提案したいのが、階段下のスペースを有効活用することです。 ですが […]

狭小住宅の間取りの活用、階段でできる工夫は?

狭小住宅の間取りにおいて大切なのは、デッドスペースの活用ですよね。 そして、そのデッドスペースが生じやすいところとは階段です。 しかし、「階段のデッドスペースを活用しよう!」といっても、具体的にどのように活用すればいいの […]

狭小住宅をお考えの方注目、おすすめのキッチンのタイプは?

キッチンとは、収納するものが多く、生活する上で必ず必要な場所ですよね。 キッチンの選び方を間違ってしまうと、収納がしづらく、その空間に狭い印象を与えてしまう場合があります。 では、狭小住宅で快適な生活を送るためにはキッチ […]

Homeへ