デザイン住宅購入前に知るべき住宅瑕疵担保責任保険とは?

デザイン住宅を購入する前に知っておきたいのが、住宅瑕疵担保責任保険です。この保険は、住宅に何らかの不具合が生じたときに、補修した業者に対してその費用の一部が支払われるシステムです。

新築住宅を供給する事業者に対しては、10年間のこの保証をすることが義務付けられていますが、万が一事業所がつぶれている場合でもこの保険を使えば修理費用をカバーすることができるのが特徴と言えます。

デザイン住宅は一般的な住宅に比べて個性的な形をしていたり、従来にないアイディアを盛り込んでいるケースが目立つため、使っているうちに不具合が起こることもないとは言い切れません。

また、この住宅瑕疵担保責任保険に加入することが義務付けられており、施工途中で検査が入りますのでより安心して住宅を購入することができます。

しかし、この保険はすべての瑕疵の修繕費用を賄ってくれるものではなく、限定された部分となっています。

構造耐力上主要な部分と雨水がはいってくるのを防止する部分がそれに当たり、この部分に不具合がある時のみ修理する費用がカバーされるのがこの保険の特徴です。

骨組みの変形や割れ、雨もりなどがあると住宅としては不具合があるといわざるを得ませんが、住宅瑕疵担保責任保険では事業者に住宅を作るうえで重要となるその部分の責任を持ってもらえる保険と言えるでしょう。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ