狭小住宅にはロフト!ロフトのメリットをご紹介します!

総面積が少ない狭小住宅といわれる物件は一見すると不便なように感じられますが、実は工夫をすることで狭小住宅でも快適に生活することができます。

特に床面積が少ない物件に強く導入をおすすめしたいのがロフトなのですが、ロフトを導入すると具体的にどのようなメリットが得られるのかについて紹介していきたいと思います。

ロフトを導入するメリットとして真っ先に挙げられるのが、居住空間が増える点になります。単純に布団を敷いてくつろぎスペースや就寝スペースとすることができるのはもちろん、子どもの個人部屋として利用することもできますし、書斎として利用することもできます。もちろん物置スペースとしても利用できるので住む人の都合やスタイルに合せて柔軟な活用ができるのです。

またロフトがある物件は床面積以上に部屋が広く見えるというメリットもあります。ロフトを設置する場合には設計の問題上高い天井が必要となるため一般的な住居と比較して床から天井までの高さが高いという特徴があります。

天井が高い物件の場合開放感がありますし、吹き抜けがある物件と同様に実際の面積よりも広く感じるのです。

狭小住宅で暮らす場合には様々な工夫が必要となるわけですが、自由度の高いスペースが一箇所あると格段に生活がしやすくなりますし、工夫もしやすくなるので強く導入をおすすめします。

Homeへ