狭小住宅を最大限広く見せるためにはこうしよう!収納編

日本は土地が狭いことが多いですから、どうしても建築スペースが広く取れないことが多く、狭小住宅になってしまいがちです。しかし、狭いからと言ってあきらめるのではなく、工夫をして広く見せるようにしていきましょう。

モノがあふれてしまうとより狭く見えてしまいますから、収納の工夫は欠かせません。これから住宅を建てるという場合には、収納を作りつけにしておくというのもおすすめです。家具などを置くとそれだけ部屋が狭く見えてしまいますから、あらかじめしまう場所を確保していくことで少しでも広く見せるということが可能になります。できるだけ家具を置かなくて済むようにするのが広く見せるためのコツです。

また、棚などに物を入れるときに乱雑に見えてしまうのを防ぐために、ボックスなどを利用してみましょう。色や形が様々なものが混ざっていると汚く見えてしまいますが、ボックスにまとめて収納することで見た目がすっきりします。白やベージュなど広がりのある色のボックスを使えばスッキリと広く見せながら収納が可能になります。

狭いからこそ小さなすき間も活用しましょう。隙間用の家具なども販売されていますから、きちんとサイズをはかってピッタリのものを選んで利用するとしまうことができる量が増えます。こうしたものも上手に利用しながら収納の工夫で狭小住宅を広く使っていきましょう。

Homeへ