パッシブデザインのメリット!快適な暮らしができる!?

機械の力に頼らないで、太陽からの光や熱、それに風のような自然から得られるエネルギーを使って住まいを設計するパッシブデザインにはメリットがたくさんあります。

かつて住宅を建てる際には、その土地の気候や風土に合わせたものを設計するのが一般的でした。

その考え方に基づいたこの設計手法は、最近注目を集めています。

パッシブデザインのメリットとしては、まず、自然のエネルギーを利用して設計された住宅であるため、エアコンなどの冷暖房設備の使用が最低限に抑えられます。

機械の使用を少なくすることで室温が安定し、体への負担が少なくなって快適に過ごせます。

特に高齢者や幼児にとっては体に優しい環境になります。

次に、急激な温度差が身体に与える影響、いわゆる「ヒートショック」が起きにくくなり、健康的に暮らせる環境になるというメリットがあげられます。

健康面については、他にも、肌の乾燥によるかゆみやアトピー性疾患の改善や、女性に多い冷え症の緩和などが期待できます。

さらに、エアコンなどの使用が減ることで光熱費も節約されるという経済的なメリットもあります。

また、温度調節に機械を使わないことで、電気・ガス・灯油などエネルギーの消費も削減され、同時に人工的なエネルギーを使うことで発生するCO2の排出も抑えることができます。

このように、快適に暮らせると共に環境保全にも貢献できるパッシブデザインには、たくさんのメリットがあります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ