狭小住宅のメリット!税金が安く済むって本当!?

狭小住宅とは、15坪ほどの狭い土地を使って建築された住宅のことです。

土地価格の比較的安い郊外ではなく、高い都心部に多い傾向があります。

京都では「うなぎの寝床」とも呼ばれる縦長の土地であったり、東京では23区内で利便性の良い地域でよく見られます。

狭い土地に家族で住むためには、部屋数を増やすために3階立てになることがほとんどです。

そんな狭小住宅のメリットには、さまざまなものがあります。

狭小住宅は3階立てが多いということは、上階では特に日当たりが良く、冬の光熱費が節約できるのもメリットです。

体調管理もしやすくなり、結果的には病院代もかからなくなるとも言えます。

仕事や学校など、理由があって都心部に住まいを構えたいという場合、高い地価という問題が必ず目の前に立ちはだかります。

これが小さな面積であれば、手が届く範囲に入ってきます。

家を建てたあと毎年支払っていく固定資産税は土地の大きさに関わってきますので、税金面での出費を抑えることができます。

そして都心部に家を建てることにより、通勤や通学の交通費も抑えることが可能となります。

電車やバスの発達した都心部暮らしでは、自動車を所有する必要がないほど利便性が高くなりますので、毎日の交通費・自動車税や車の維持費・駐車場代などを節約することができるわけです。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ