狭小住宅の間取り!過ごしやすい空間を作ろう!

狭小住宅は土地の値段も比較的安く、税金も一般的な家屋に比べるとそれほど高くない事もあって注目を浴びています。

その一方で、きちんと間取りを考えておかないと、長く生活していくはずなのに「住みにくい家」と感じてしまうことがあるので注意が必要です。

基本的には土地が小さく限られているので、空間も狭く感じやすいです。

横に広げる事は難しいので必然的に縦に長くなりますから、最低でも2階建て、必要に応じて3階建てにしましょう。

地域によっては高さの制限があるので、事前に自治体に確認しておかないと思ったような住宅に出来なくなることがあります。

上手く開放感を感じられるようにしていくことで、狭小住宅という雰囲気はなくなってきます。

空間も限られているので、プライベートなスペース以外は壁を使わないか減らしていくようにすると、すっきり広くできます。

地下室や中庭などを作っておくのも良いでしょう。

収納に関しても最初にしっかり考えておかないと、家具を購入してもどことなく圧迫感が出たりする事もあるので、間取りの中でデッドスペースがあればそこを活用しながら収納にしていくという事も検討してみて下さい。

家族によって必要な部屋や設備は違ってきます。

子供たちが巣立てば意外に広いと思うようになるので、過ごしやすい環境を時間の許す限り相談しあっていきましょう。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ