狭小住宅の家具はこのように選ぼう!選び方をご紹介!

「狭小住宅の家具の選び方ってあるの?」

「家具をどんなものにしたらいいのだろう?」

といった疑問を持った方はいらっしゃいますか?

狭小住宅とは、都心部などでよく見られる床面積が小さい住宅のことを言います。

都心部でも一軒家を構えられるといったメリットがある一方で、どんな家具が適しているのかといった悩みは必ず出てくることでしょう。

そこで今回は「狭小住宅での家具と色の選び方」についてご紹介します!

【狭小住宅における家具と色の選び方】

・形にあったものを選ぶ

狭小住宅では狭い土地に家を建てることが多いため、くぼみがある住宅になる可能性が非常に高くなります。

このくぼみは一見必要ない部分のように感じますが、うまく利用すればかなり良い住宅に早変わりします。

例えば、くぼみの部分に机を設置するといった家具を設置することで、くぼみをうまく活かした住宅になります。

そのため、くぼみがある家ならばくぼみをうまく利用できる家具を購入することをオススメします。

・白くペイントして、開放感を増す

家具や壁を白にペイントすることで他の色を使用するより広く見せることができます。

また、白い壁のペイントなら、他の色も抑えめにしてシンプルに仕上げるとより統一感のある住宅になります。

以上のように床面積の小さい住宅でも工夫次第でいくらでも理想の家にできますので、自分の家にあった家具選びをしましょう!

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ