重畳木骨っていったい何?重畳木骨の理解を深めよう!

「重畳木骨って何?」
「重畳木骨にするメリットってあるの?」
このように疑問に思った方はいらっしゃいますか?

お子様が成長するにつれて一軒家を建てようと検討するようになっていき、色々と調べていくうちに「重畳木骨」という言葉を目にしたけれど、何のことだかわからない方も多くいらっしゃることだと思います。

重畳木骨は都心に一軒家を建築しようと考えている方にとってはキーワードです。

今回は「重畳木骨」についての理解を深めていきましょう!

【重畳木骨っていったい何?】
重畳木骨は都心でよく建てられている「狭小住宅」を建築するときに採用されている建築方法になります。

なぜ狭小住宅に重畳木骨が採用されているのでしょうか?重畳木骨が狭小住宅に採用されている理由は「耐震性」に優れた工法だからです。

狭小住宅は床面積が小さい住宅のことで、小さい床面積を補うため高さを求めるため、地震に弱くなりがちです。

しかし、重畳木骨という工法を採用することによって耐震性を高め、狭小住宅でも安心して暮らせるようになったのです。

以上のように、重畳木骨は地震が非常に多い日本に適した工法だといえます。

狭小住宅は重畳木骨を採用しているため耐震性が高いということを覚えておいてくださいね!

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ