狭小住宅のくらし方をデザインしてみよう!空間編

「暮らし方のデザインで何ができるの?」
「どのようにデザインすれば快適になる?」
このように疑問に思った方はいらっしゃいますか?

都心部で一軒家を構えようとお考えの方は、狭小住宅になる可能性が高いので特に暮らし方のデザインは必要になってきます。

狭小住宅をどのようにデザインすれば快適な暮らしができるのでしょうか?
今回は「狭小住宅のくらし方のデザイン:空間編」をご紹介していきます!

【空間作りに気を使う必要性】
駅に近かったり、買い物が便利であったり、お子様が通う学校が近かったりといった理由で、都心部に住む方は非常に多くなっています。

都心部での一軒家は狭小住宅を好む傾向がありますが、狭小住宅の場合は土地が限られているためくらし方のデザインの必要性はかなり高くなっています。

狭小住宅のくらし方のデザインには特に空間の使い方に気をつけましょう。

部屋を作りすぎるとかなり圧迫感を感じるようになります。狭小住宅を広く見せるためには「壁や柱を無くす」と良いでしょう。

壁や柱がない空間は広々とした印象を与えることができます。また、階段を鉄骨階段にするとより開放感のある空間になります。

以上のように空間をうまくデザインすることで、狭小住宅でも広々と開放感のある空間を作りましょう!

Homeへ