狭小住宅の間取りはこのように工夫しましょう!収納編

「狭小住宅の間取りってどのような工夫ができるの?」
「狭小住宅の間取りが知りたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

狭小住宅は床面積が小さいコンパクトな家を指しますが、住宅を建てる上で「間取り」をどのように工夫するかはとても重要なポイントになってきます。

間取りを工夫することによって狭小住宅であっても「狭さ・圧迫感」がなく快適に過ごすことができます。
今回は「狭小住宅の間取りを工夫する:収納編」をご紹介していきます!

【狭小住宅の間取りを工夫する:収納編】
狭小住宅に住む上でポイントとなってくることは「収納をどこにするのか」です。

収納が多ければそれだけ生活する空間が小さくなってしまいます。

狭小住宅の場合は特に圧迫感を出してしまいかねないので、収納をどこに設置するのかは重要なポイントです。

そんな狭小住宅にオススメの収納場所は「ロフト」です。

狭小住宅は床面積が小さいので、たてのスペースを有効活用するのがポイントです。

ロフトを設置することで縦に収納スペースを設置できるため、床を広く使えます。

また、天井が高くなるため広く感じるでしょう。

以上のように、狭小住宅は工夫次第でかなり快適に過ごすことができるので、狭小住宅を検討している方はぜひ「間取りが大切」ということを覚えてくださいね。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ