狭小住宅を広く見せる工夫を考えよう:床下収納という選択肢

「狭小住宅を広く見せるコツって?」
「床下収納ってどう?」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

狭小住宅は床面積の小さい住宅のことで、一般的な住宅と比べて暮らし方を工夫する必要があります。

しかし、工夫次第で普通の住宅よりも快適に過ごすことが可能になります。
そこで今回は「狭小住宅における床下収納という選択肢」について見ていきましょう!

【狭小住宅における床下収納という選択肢について】
狭小住宅と床下収納という組み合わせはどのような働きがあるのでしょうか?実は狭小住宅において床下収納を設置することは大きなメリットがあります。

一般的には収納を部屋の間取りの1つとして設置しますが、狭小住宅の場合は収納を設置してしまうと狭く感じてしまいます。

そこで「縦に収納を設置する」という選択肢が非常に有効になります。

つまり、ロフトという形で設置するか、床下収納として下に設置するかといった具合です。

これで収納が下にある分家を広く見せることが可能になるのです。

床下収納はキッチン以外に、洗面や子供部屋など色々な場所に配置することができます。

以上のように、狭小住宅を少しでも広く快適に過ごすために収納を下に設置するという選択肢をぜひ一度検討して見てくださいね!

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ