狭小住宅購入を検討する際に知っておくべきポイントをご紹介!

「都心部に住むたい!」
「どんな家がいいだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?

東京で一軒家を建ようと検討している方の中には、「狭小住宅」を選択する方がいらっしゃいます。

しかし、多くの方が狭小住宅はどのような住む心地なのか、また普通の一軒家と何が違うのかをよく理解していないことでしょう。
そこで今回は「狭小住宅購入前に知っておくべきポイント」をご紹介していきます!

【狭小住宅購入前に知っておくべきポイント】
ポイント1:都心部で一軒家に住める
都心部に住む多くの方はマンションやアパートに住んでいますが、狭小住宅ならば都心部であっても一軒家に住むことができます。

「都心部に住みたいけど、マンションじゃなくて一軒家がいい!」と思っている方にはぴったりの物件になっています。

ポイント2:間取りを工夫する
狭小住宅は都心部に一軒家を購入できる一方で、「間取り」を工夫する必要があります。

多くの部屋を作ってしまうとどうしても圧迫感を感じることになりかねませんので、その場合は2階建や3階建にするといった縦に長くする工夫や、吹き抜けにするといった工夫が必要になります。

以上のように、狭小住宅には普通の一軒家にはない魅力や注意点があるので、狭小住宅の購入を検討している方はご家族とよく相談してから決めるといいでしょう。

Homeへ