狭小住宅の間取りはこのように工夫しましょう!家事動線編

「狭小住宅の間取りの工夫ってどんなものがあるの?」
「間取りを工夫するとどんなメリットがある?」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

狭小住宅は床面積が小さい物件のため、都心でも一軒家を建てられるといったメリットがある一方で、間取りに工夫がなされていないと非常に住み心地が悪くなる可能性があります。では、どのような工夫をすると効果的なのでしょうか?
今回は、「狭小住宅の間取りはこのように工夫しましょう!家事動線編」をご紹介していきます!

【家事動線における工夫の仕方】
狭小住宅にかかわらず、住宅の間取りの良し悪しを決める基準の大半が「家事動線」になります。

家事動線がうまくいかないと生活していく上で非常に不便になります。では、狭小住宅においては家事動線をどのように工夫するといいのでしょうか?

狭小住宅にオススメの家事動線は「水回りを同じフロアに統一する」ことです。

水回りのフロアを統一できていないと、家事の手間が同じフロアに統一できている家に比べて不便になります。

生活する上で水回りは毎日使用することだと思います。

水回りを同じフロアにすることで狭小住宅でも快適になるのです。

以上のように、家事動線の要である水回りをどこにするのかといった間取りを一工夫して快適な日常生活を行えるようにしましょう!

Homeへ