間接照明を取り入れるメリットデメリットとは?

新しくお家を建てる方の中には、「部屋を落ち着いた空間にしたい」と希望されている方も多いでしょう。

その方法の一つとして、間接照明が有名ですが、「間接照明があることによってどんな変化が起きるのだろう」と疑問に思いますよね。

そこで今回は間接照明を取り入れるメリットデメリットをご紹介します。

◆メリットは開放感がでること

間接照明のメリットは天井からの照明では届かない部分にまで、光を届けることが出来る点です。

また、光の当たり具合を調節し、色や変化を持たせると飽きの来ない空間を作ることが可能です。

間接照明の特徴は光源が直接見えないことですから、直接目に光が当たらないのも良いですよね。

◆デメリットは設置が難しい。

照明器具によっては光が足らなかったり、設置できる場所が限られていたりして、思い通りの間接照明が出来上がらない可能性があります。

可能であれば、建築の段階で間接照明を視野に入れた設計にしましょう。

また、細かい作業には光が足らないかもしれませんから、手元照明も必要です。

間接照明のメリットとデメリットについてご紹介しました。最近はLEDの照明が出てきており、ランプ交換も非常に容易になっています。

壁や天井の構造を活かしてぜひ、間接照明を取り入れてみて下さいね。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ