おしゃれな部屋の出来上がり!照明配置のテクニックとは?

部屋のインテリアの一つとして、照明はとても大きな役割を果たします。

「照明をどこに付けようか」と悩んでいる方もいらっしゃるでしょう。せっかくなら少し工夫を凝らしてよりおしゃれなお部屋を目指してみませんか?

知識は必要ありませんから、何も難しいことはありません。今回は、照明配置のテクニックについてご紹介します。

◆置ける照明を使う

床に置ける照明があることをご存知でしょうか。

天井ではなく、あえて床に置くことで、家具が下から照らされ、落ち着いた雰囲気のお部屋になります。

そこで、置く場所としてお勧めなのは、植物の傍や広いホールになります。

また、棚に置くとスイッチも入れやすくなります。

◆壁や天井を照らす

通常天井の照明が部屋全体を照らしますが、あえて壁や天井を照らしてみましょう。天井に当たった光が全体に広がり、家具の影がはっきり出ます。

これにより、部屋が広くなる錯覚を起こせるのです。壁も同様です。

下向きではなく上向きを意識した配置をしてみましょう。

今回は、照明の配置についてお話ししました。

照明配置にはこれまでの「照明は天井に付ける」という先入観を無くすことが大切なのです。

一味違う照明配置をして、ぜひ、お部屋の変化を楽しんでみて下さい。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ