照明でインテリアが大きく変わる!雰囲気を変えるためのポイント

高級感のあふれるホテルやクリスマスシーズンの街中でのイルミネーションなどから、照明が与える雰囲気やイメージは想像できると思います。
照明によって気分が変わったり、そこから感じ取る雰囲気が違ったりしますが、それを自宅に取り入れてみませんか?

【どこでも同じ明るさの照明は不向き】

どんな形の家でも一般的に取り付けられているような照明は、もともと部屋全体を同じ明るさで照らすことを目的としているため、そこに雰囲気は存在しません。

家族が暮らすリビングやオフィスなどではもちろんこのような照明が求められますが、個人の趣味やその他のインテリアを活かす効果は薄いといえます。

【あえて影を作る】

便利さや使い勝手を重視するため、個人の自宅や部屋では、影のない明るい照明がよく使われますが、普段何かしらの雰囲気やイメージを持つ照明の周りには影がありませんか?

照らしたいところを照らせない場合は、暗く影を作ることで部屋にメリハリが出てきます。

落ち着いた雰囲気の照明でも、照らしたいところを照らせば問題はありません。

便利さと明るさを追求しがちな部屋に、落ち着きと柔らかさを取り入れてみませんか?

インテリアを取り入れる、もしくはより活かすには何をどう照らすかが重要になってきます。