狭小住宅の工夫!広いと感じさせるための方法を解説!

狭い敷地に立っている狭小住宅は、その狭さゆえにたくさんの工夫が施されています。
圧迫感を感じさせないための配色や素材選び、普段見落としがちなデッドスペースの活用など様々なアイデアがあります。
そんな狭小住宅の工夫について今回はお話しします。

【広く見せる方法】

狭小住宅では、リビングからキッチンを見渡した時に高窓から空が見え、奥の部屋まで見渡せます。

狭小住宅には開放感を持たせることによって、部屋の広がりが感じられるような工夫が凝らされています。

こういった部屋を大きく見せるための工夫は多くあります。

スキップフロアという手法では、同じ部屋の中でも床の高さを変え、部屋を広く見せることができます。

大きな窓にすることで、外の景色も部屋の一部のように取り込むことができます。

面積を大きく感じさせる方法や、天井を高くする、部屋の仕切りをガラスにする、鏡を使用するなど住宅の構造を変えるだけで「広い」と感じさせることができます。

【デッドスペースの活用】

デッドスペース(普段使わないスペース)を有効活用することで狭い空間を少しでも広くすることができます。

例えば、二階と屋根の間にできた小屋裏収納や、壁の厚みに棚などを埋め込む壁面収納があり、階段下、キッチンやダイニングの床下といったスペースを収納スペースにすることで、空間使用率を上げ、効率的に狭いスペースを使うことができます。

狭い空間は工夫によって広く感じさせること、広くすることが可能なのです。
今住んでいる住まいが狭くてリフォームを検討している方や、引っ越し先の敷地面積が狭いという方は、ぜひ空間の有効活用法を検討してみてください。

Homeへ