家と家族を守る三つの地震対策。「耐震」「免震」「制震」の違い

家を建てる際に地震の多い日本において、耐震については考えざるを得ません。
しかし、地震の揺れに対する言葉として「耐震」「免震」「制震」があるのをご存知ですか?
家を建てる前にこれらについて知ってもらうために、今回はこの三つの違いについてお話しします。

【よく聞く耐震】

最も一般的でよく聞くのは「耐震」だと思います。

これは建物自体を頑丈にするといったもので強い揺れが来たとしても家自体が壊れないような対策をするものです。
「SE構法」などはこの耐震を強化したもので、家自体の丈夫さを圧倒的に引き上げてくれます。

【揺れを軽減する「免震」「制震」】

免震構造とは、建物と地面の間にゴムやダンパーという振動を軽減させる装置を入れ絶縁し、地震による地面の揺れを建物に伝えなくするものです。

免震構造は揺れを大幅に軽減させてくれるため、家具の転倒や家屋の損傷もほとんどなくなりますが、地盤によっては使用できない場合もあります。

制震構造は、建物の要所にダンパーを設置することで、振動を吸収し、建物の揺れを抑えます。

効果は免震構造ほどではありませんが、コストの面では免震ほど高くありません。
単に地震に備えるといっても様々な技術があるため、家を建てる場所などの情報から必要なものを選んでいく必要があります。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ