こだわりたい方におすすめ!旗竿地のメリット・デメリットを解説!

「旗竿地」という言葉を聞いたことはあるでしょうか。

今回は、引っ越しの際に旗竿地を選ぶメリットとデメリットについてお伝えしていこうと思います。

【旗竿地とは】

旗竿地とは、前面道路に面している部分は狭く、そこを奥に進むと住宅が建設される敷地に到達するといった、文字通り敷地が旗の形をしている土地のことです。

【デメリット】

道路に面している面積が少ない形をしているため、一般に想像している形とは異なり、建物に囲まれていることが多いために、日当たりや風当たりが悪い、玄関の位置が決定するため間取りの自由度が低い、駐車場は縦になるので車の出し入れが面倒など、場所によるデメリットは多くあります。

【メリット】

上では多くのデメリットがあげられましたが、そのデメリット故に旗竿地は土地の価格が安くなっています。

家探しを行う際は建物自体に焦点を置いて考えがちですが、実際は土地の価格が大きく影響を与えていることが多いので、旗竿地の土地で、安く土地を買った分建物に予算をかけられるのです。
現代の技術は狭小住宅や光があまり当たらないなどの問題を解決するさまざまな工夫があります。

敷地よりも建物のクオリティやインテリアにこだわりたいという方は、旗竿地を検討してみるのも一つの選択肢になります。

Homeへ