省エネの暮らし?パッシブデザインの効果について解説!

「パッシブデザイン」という言葉をご存知でしょうか。

聞きなれない言葉かもしれませんが、これは、太陽の光や熱、風といった自然の恵みを上手に取り入れる、エアコンなどの機器をできるだけ使わずに快適に暮らしていくことを目指した設計の在り方です。

自然の力で夏を涼しく、冬を温かくすることができ、自然にやさしく、電気やガスの使用量も減ります。

【パッシブデザインのポイント】

パッシブデザインには5つのポイントがあります。

それを順番に説明します。

1. 断熱

機械に頼らず屋内の環境を快適なまま維持するには、夏の暑さや冬の寒さを通さず、屋内の涼しさや温かさは保つために、断熱の効果があります。

2. 日射遮蔽

特に夏の涼しさを実現するために、夏の強い日差しを受けても熱くならない、屋内に入ってくる光の量を減らす工夫があります。

3. 自然風利用

自然の風が屋内に入り、熱を逃がすために、空気が通りやすくなっています。

4. 昼光利用

昼間に太陽光をためて、そのまま屋内で消費する電力に回すことができます。

5. 日射熱利用暖房

冬場に断熱性と蓄熱性の高い建物において、蓄えた熱を夜間に使えます。

家が建てられる敷地によっても条件は変わってきますが、省エネでありながら快適である生活を手に入れてみませんか?

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ