カタログで目にする!覚えておきたい金属仕上げの種類とは?

家具や内装を変える時にカタログを見ることがありますよね。

そんな時「金属仕上げ」という言葉を目にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

しかし、「一体どういうことなんだろう」と思いつつ、気にしないままだった方も多いはずです。

そこで今回は金属仕上げの種類についてご紹介しましょう。

金属仕上げには主に4つの種類があります。

〇鏡面仕上げ・・・

鏡のように光って滑らかな仕上がりになります。

ペーパーホルダーによく使われますが、指紋が目立つので掃除が面倒かもしれません。

〇ヘアライン仕上げ・・・

見た目は鏡みたいですが、光沢が無く、あらかじめ線状の傷がついているので新しい傷がついても目立ちにくくなっています。

あまり金属として目立たず最も一般的な仕上げです。ステンレスキッチンがその代表です。

〇サテン仕上げ・・・

表面に付いている傷の線が違うだけでヘアラインとよく似ています。

〇ダル仕上げ・・・

金属感が最も強い仕上げです。汚れが分かりにくく力強い印象を受けます。

 

いかがでしたか。

金属仕上げの種類ごとに向いているインテリアが変わっていくことがお分かりいただけたでしょう。

カタログ見本を見る際はぜひ参考にしてみて下さいね。