内断熱工法とは?

内断熱工法とは室内の内側から断熱材を詰めて断熱し、小屋裏から家全体を包む工法です。
施工が比較的簡単であり、繊維系の材料を使用するとコストも抑えることが出来ます。

メリットはエアコンなどの空調を使用する場合、適温になるまでの時間が早いです。
デメリットは構造体が断熱層のすぐ外側にあるため、外気の影響を受けやすいという特徴があり日射や放射冷却による温度変化を受けやすくなります。
このため熱損失を増幅するので、室内温度を適正にするために必要以上のエネルギーが必要になり電気代がかかりやすくなります。

また換気性能が落ちることもあり、十分に換気しないとエアコンにより温度差がある場合は結露を起こしやすくなります。

結露や室温が安定しないことによってカビの原因になることもあります。
さらに施工が比較的簡単な分細かい細工が必要となる箇所では施行のばらつきにより、断熱効果が発揮されない部分が出来ることもあります。

断熱性能は工法だけで差が出るものではないので、断熱材そのものの材質や厚みによっても変化します。
隙間が出来るともちろん性能も落ちてしまうので、きちんとした施工が出来るかどうかも重要です。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

外断熱工法とは?

住宅の断熱対策は住宅の居住性を高める上で非常に重要です。 とくに日本の様な夏は暑く冬は寒いという温度変化の激しい気候に於いては、外気の影響を受けずに快適に生活するためには住宅の断熱対策は必要不可欠な物です。 外断熱工法は […]

本当に価値のある資産住宅にするために気を付けたい3つのポイント

住宅を購入するとなると、20年や30年といった長期のローンを組んで購入する人がほとんどです。 長く住み続ける内に何らかの事情で家を手放したり、引越しが必要になる事があります。 そういったケースも想定して、売却する際に価値 […]

地震に強い家を作るためのポイント

家を建てることを希望している方の中には、住宅の耐震性について心配に感じてしまうことがあります。 実際に日本は地震の多い地域として世界的に有名で、大地震によって損壊を受けてしまった住宅が非常に多いことでも知られています。 […]

木造素材のメリット

住宅を建てるときに考えなければいけないことの一つに、どのような構造にするかが問題になります。 構造には大きく分けて三種類であり、木造住宅に鉄骨造住宅、鉄筋コンクリート構造のものがあり日本で馴染み深いものは木造住宅になりま […]

「住宅における保険の種類」

みなさんは住宅の保険の種類については ご存知ですか? お金をかけて作り上げた、自分の夢のような 家を、何かあったとき守るために 保険というのはとても大切です。 そこで今回は住宅保険の種類とその内容について ご紹介いたしま […]

Homeへ