薪ストーブで家族団欒を

薪ストーブは、環境保護などの昨今の世相も反映しているためか、新しく一戸建てのマイホームの建築を考えている人にも、非常に人気のあるアイテムだといえます。

その、薪を燃やす昔ながらのストーブは、自宅に居ながら毎日山小屋などの別荘にいる雰囲気も味わうことが出来るので、一石二鳥であるともいえるでしょう。

もちろん、一年を通して使うわけではありませんが、リビングなどに設置しているだけで存在感が十分にあり、インテリアとしておしゃれも楽しめるのです。

エアコンや石油ファンヒーターのような温風で部屋を暖めることに頼らないので、冬場の室内が極端に乾燥することもなく、部屋全体を暖める輻射熱を利用している薪ストーブは、寒い冬のリビングでの家族団欒にオススメでしょう。

薪ストーブを備えるときには、出来るだけ煙突はまっすぐに設置して、十分に乾燥させた薪を広い場所に保管し、絶対に濡らさないようにすることも重要となります。

なぜならば、乾燥していない薪は、過剰な煙や臭いの原因となって、近隣とのトラブルに発展する場合も考えられるからです。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ