間取りをかえる

住宅においては、住む人数が変わることで空間に手を入れ、より、使いやすいように変更をする場合もあります。

家族が増えたり、子供が大きくなることで個室が必要になったりとそれぞれに理由は異なります。
間取りを変える場合、最も簡単にできる方法としては、ある程度空間に余裕のある部屋をドアや壁で区切ることがあげられます。
この場合のポイントとしては、復旧など撤去を考えた上で行う必要があり、できるだけ現状に手を加えずに設けることがリーズナブルな方法となります。

空間の増設に関してはロフトを作ることも1つの方法となりますが、この場合には一般的な天井高さでは既設の天井を解体して行う必要があり、屋根裏を利用する場合においても、床面の補強や内部の仕上が必要になってきます。

新しく住宅を作る場合には、最初から全体をワンルームと考える方法もあり、ここでは、使用目的や人数合わせて間取りを変えることが可能となります。

注意点としては建築基準法に合わせる必要があり、ロフトでは面積や室内高さによっては3階扱いとなることがあり、間仕切りの変更においても、住宅面積によっては排煙や換気、内装などの制限が求められることになります。

Works(株)ホープスの建築実例

関連記事

家を建てるときに考えたい、動線からの暮らし方のデザイン

家を建てるときにデザインについては考えても、生活動線を無視してしまう方も多くいます。 ですが生活動線を無視してしまうと、暮らしにくい家になってしまう可能性もあるので注意が必要です。 そこで大切なことが、暮らし方のデザイン […]

生活動線とは

生活動線とは、日常生活をする際に移動する道筋のことです。 例えば、朝起きて寝室から洗面所に移動したとします。そうすると、このとき寝室と洗面所の間を移動した線が生活動線となります。 この生活動線、行ったり来たりする線が増え […]

間取りは子どもの習い事まで考えて

お子さんが小さいころに家を建てる場合には、いくつか考えておかなければならないポイントがあります。 まず間取りについてですが、お子さんの小さなうちは共有の子ども部屋がよいのですが、思春期を迎える頃には自分だけの空間がほしく […]

間取りを考えるうえでチェックすべきポイント

間取りを考えるうえで、どのようなポイントをチェックすべきなのかご存知でしょうか。 まず1つ目のポイントは、明るさを確保することができるかという点です。 もし南側に大きな窓が取れなくても関節光でOKです。 例えば天窓を作れ […]

子どもがいても安心な間取りとは?

一昔か、二昔か、もっとそれ以前だったかもしれませんが、「赤い屋根に白い壁、庭には緑の芝生があって」が理想の家である時代がありました。 その理想の夢の中には勿論大好きな人と、その人との間に生まれた可愛い子どもも含まれていた […]

Homeへ