重量木骨でつくる狭小共同住宅 in 五本木

祝 お引渡し


ついにお引渡しです
木のルーバーが素敵な建物のになりました。
共同住宅なのでどんな方が住まわれるか楽しみです。

足場解体


現場に設置されてた足場の解体作業中でした
足場が無くなると今まで見えなかった外観が見えるようになるので気持ちが高まります
本当にあと少しなんだなと実感ができます
お引渡が待ち遠しいですね

内装完了


クロス貼等の内装仕上げ工事が完了していました
これで内部は完成!と思いきや…..
この後は、設備器具等の取付工事がおこなわれます
設備器具が設置してあるとクロスを貼る事が出来ない所が出てきてしまうので 先に貼ってしまうんです

クロス貼


クロス屋さんが作業をしていました
クロスが貼られると内部の仕上がってきた感じがしますね
完成まであと少しです

内建具


室内の建具が取り付けてありました
いよいよ内部の仕上が始まります
工事は着々と進んでいます

キッチン設置


各住戸にキッチンが設置されていました
集合住宅用のキッチンなので少し小さめです
内部の設備も着々と整ってきています

FRP防水


バルコニーや屋外階段で防水工事が行われていました
この色見覚えある!なんて思った方もいるのではないでしょうか
これはFRP防水といって私たちの身の回りで多く使われています
このFRP防水が構造体をしっかり雨などから守ってくれているのです

内壁ボード


室内に面している壁に石膏ボードが張り付けてありました
これで壁の躯体も断熱材も見えなくなりました
着々と現場は進んでいます

フローリング貼り


フローリングを貼る作業をしていました
今回使用しているのはアカシアです
色の濃淡や節もあり、無垢フローリングならではの素材感が出ています

吹付断熱


断熱材が吹き付けられていました
吹付断熱材は現在一般的に使われているグ繊維系断熱材と違い
躯体と断熱材の間に隙間が無くなります
これにより、気密性・断熱性が高くなるなどいろいろなメリットがあります
普段は見えないところですが、お家で快適に過ごせるかは断熱材で大きく左右されます