細長い傾斜地に建つ、変化のある奥行きが空間をつくる家

内部造作

外周面の石膏ボード張が終わり、間仕切り壁を作っています。
間仕切り壁が出来上がると室内の間取りは完全に把握できますね。
こちらの写真は左手が階段の吹抜け、真ん中が押入れの入り口、右手が廊下になります。

内部状況

お正月が終わり

工事再開しました。

内部の壁、天井ボード張を行っています。

フローリング

今週はフローリング張です。

無垢フローリングは施工が難しいのが難点ですが、

無垢にしかない味わいがあります。

内部状況

今週の内部状況です。

サッシの取付、1階床組まで進んでいます。

一気に室内な雰囲気になります。

耐力壁、外合板

今週は耐力壁、外合板張りです。
合わせて間柱立て、窓の下地も施工していきます。

建方

今週は建方です。
構造材をクレーンで吊って組み上げていく工程ですね。
早ければ1日で棟木まで上がります。

立上り枠

今週は立上り枠の設置と固定を行っています。

通常基礎高さは地面から40センチですが、勾配のある敷地に合わせるため玄関廻りは1メートル30センチ程度の高さになっています。

 

耐圧版打設

今週から現場レポートをアップします。

耐圧盤が打設されました。

外枠の高さが目を引きます。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ