細長い傾斜地に建つ、変化のある奥行きが空間をつくる家(2019.3竣工)

お引渡直前

今回で最後のレポートになります。
残すところ最終クリーニングのみとなりました。
是正工事も完了し、お引渡まで秒読み段階です。

クリーニング完了

クリーニングが完了しました。
床壁天井が仕上がり畳が納まってます。
玄関廻りは天井高を取っておりとても開放的です。

内部状況

ほとんどの工程が完了しました。
電気工事も完了し照明が点きました。
照明が点きますと一気に完成度が上がります。

内装工事完了

内装工事が完了しました。
白の仕上は光を反射し空間を明るく大きく感じさせます。

内装工事

内装下地作業をしています。
クロスが平らに貼れるよう
パテにて石膏ボードの継ぎ目を埋める作業です。
塗装壁もクロス仕上も同じく下地が一番重要です。

内部状況3

今週は木部の塗装、玄関土間打設を行いました。

色を付けずクリアのみの仕上とし、木本来の味を引き立てています。

外部状況

今週は鉄工事を行っています。
スチール製の手摺に防錆用亜鉛メッキ加工を行ったものを取り付けます。
ベースの位置と支柱の位置が少しでも違えば取り付けることが出来ないため
綿密な打合せが必要になってくる工程です。

木工事完了

本日にて木工事完了しました。
階段や手摺、キッチンカウンター等も綺麗に納まっております。
細かな部分の納まりは大工さんの長年の経験が活かされます。
大工さんお疲れさまでした。

内部造作

外周面の石膏ボード張が終わり、間仕切り壁を作っています。
間仕切り壁が出来上がると室内の間取りは完全に把握できますね。
こちらの写真は左手が階段の吹抜け、真ん中が押入れの入り口、右手が廊下になります。

内部状況2

お正月が終わり

工事再開しました。

内部の壁、天井ボード張を行っています。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ