こだわりの木造作のキッチンとシアターバルコニーのあるにぎやかな家(工事中!)

中間検査 構造

上棟から2週目

構造部である柱、梁、床、耐力壁

これらの材質や施工方法等を検査するのが中間検査です。

専門の検査機関の方が一つ一つ確認していきます。

上棟

いよいよ建方です。
構造体を組みあわせ、床、壁、天井の順で階層が
上がっていくのを見ていると自然と気分も高揚してきます。

基礎工事完了

今週にて基礎工事が完了し、

いよいよ構造躯体を組み上げる建方工事に取り掛かります。

その前に、SE構法の心臓ともいえる柱脚金物を設置します。

なんと直径2センチ*1メートルのボルト(ほとんどコンクリートに埋めてあります。)に緊結するので、

せん断力、引き抜き力ともに強固になるのは必定ですね。

 

耐圧盤打設

耐圧盤を打設しました。

配筋検査完了後は底部分にあたる耐圧盤のコンクリートを打設します。

SE構法の要であるアンカーボルトが側圧によってずれない様に強固に固めてあります。

地業、捨てコンクリート

捨てコンを打設しました。

SE構法の要である直径20ミリのアンカーボルト、これの詳細な位置を捨てコンに描き出していきます。

この作業のために打設されたコンクリートなので強度は必要ありません。

着工

今週より新規物件のレポートを書いていきます。
基礎工事が始まりました。
基礎工事の流れとしては地面を掘削し、
砕石にて地均しを行い、
その上にコンクリートの基礎を打っていくといった感じです。
やはり何事も基礎が大切です。
勉強やスポーツと同じですね。

Works(株)ホープスの建築実例
Homeへ